■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50

※非弁・行政書士鷹悠会

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/07/24(水) 12:41:52
※非弁・行政書士鷹悠会
日本詐欺解決センターと公的機関を装い、
詐欺被害を返金させると謡っているが、
行政書士に詐欺被害は解決出来るわけなく、
非弁行為をしているに過ぎない。

また着手金と称して高額な代金を請求するが、
内容証明を出すだけである。

行政書士として有るまじき行為であり、
○バイオバンクはとっくに潰れている
○出来て間もない会社が解決実績8,000件
○着手金¥0としているがそもそも行政書士に成功報酬があるのか?


以下、行政書士鷹悠会の詐欺広告

投資バイオバンク返金

【無料相談】バイオバンク詐欺なら、解決実績8,000件/着手金¥0


535 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/07/25(金) 13:10:48

事務所名:ロイヤル法務事務所

事務所住所:東京都港区西麻布1丁目10番16号 西麻布ロイヤルビル402号

TEL:03-5413-5341

FAX:03-3478-6556

営業時間:午前9時〜午後10時
※メールでのお問い合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

司法書士:山崎亮夫(ヤマザキアキオ)


536 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/08/29(金) 02:52:54
当弁護団では、引き続き、「行政書士法人鷹悠会」に関する苦情・相談をお受けしています。

最近では、「報酬を、鷹悠会ではなく、聞いたこともない別法人『株式会社プラチナムホールディングス』の口座に振り込むように言われた。」「鷹悠会からではなく、まったく知らない弁護士事務所から報酬の支払に関する書類が届いた。」といった相談が寄せられています。

カテゴリー:弁護団からのお知らせ| 2014年8月26日


537 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/09/30(火) 12:20:18
現在弁護士に依頼中なんだけど、
詐欺の返金依頼で行政書士法人鷹悠会から賠償金取れるみたい!
探偵に依頼して調べたけど、
あそこ調査とかなんもやってない上に従業員刺青とか入ってて相当ガラ悪い。
(写真にて確認済み)
恐らく詐欺上がりの事務所。


538 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/10/01(水) 13:33:42
age


539 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/13(木) 17:09:05

鷹悠会の事業を共同で行っていた行政書士法人鷹悠会、
株式会社プラチナムホールディングス、
株式会社クライアントサポート、
株式会社L&Sホールディングス、
及び、これら4社の各代表者、計8社(者)を
被告とする損害賠償請求訴訟の
第1回口頭弁論が、11月14日午前10時から、
東京地方裁判所712号法廷で開かれます。

当弁護団では、引き続き、鷹悠会に関する苦情・相談をお受けしています。

カテゴリー:弁護団からのお知らせ| 2014年11月13日


540 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/13(木) 17:10:51
謄本をすべてあげて、会社を調べてみます
情報提供ありがとうございます


541 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/14(金) 14:29:08
株式会社プラチナムホールディングス、
株式会社クライアントサポート、
株式会社L&Sホールディングス

これらの株式会社は具体的に、鷹悠会とどのような関わりが
あったのかな


542 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/14(金) 16:49:54
ネットの情報から
株式会社プラチナムホールディングスの代表は渡辺祐太

株式会社L&Sホールディングスの代表は大川勝

株式会社クライアントサポートの代表は内村大二
とわかった

ブログやFacebookの画像をみると、入れ墨だらけ。

普通の企業なわけがない。すごいえぐい画像ばっかり。

http://s.ameblo.jp/yuta-platinum515/entry-11915302137.html
渡辺祐太のブログ。
関係者が多数、写真付きででてる


543 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/14(金) 16:52:19
それも渡辺祐太と大川勝は、ブログで元闇金と
語ってるwww

自分らで認めてるwww
馬鹿すぎだろwww

高木も元闇金なんだろな


544 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 04:21:55
「ヤミ金融業者の取り立てを止める」
と宣伝していた東京の行政書士法人について、
「高額の報酬を請求されたうえ取り立ても止まらない」
という相談が、
ヤミ金融対策に取り組む弁護士や国民生活センターに
相次いでいることが分かりました。

埼玉県でヤミ金融対策に取り組んでいる弁護団によりますと、
問題となっているのは東京・港区にあった行政書士法人で、すでに解散している「鷹悠会」です。
鷹悠会は、ホームページで
「ヤミ金融業者の取り立てを止める」などと宣伝していましたが、
弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、
取り立ても止まらない」
という相談が全国の56人から寄せられているということです。
弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、
相談を寄せた一部の人を原告にして報酬の返還などを求める訴えを起こしました。
14日に東京地方裁判所で行われた1回目の審理で、鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として争う方針を示しました。
鷹悠会を巡っては、国民生活センターにも同様の相談がおよそ120件寄せられているということで、弁護団の坂下裕一弁護士は「ヤミ金融の被害者が二次被害に遭っていると言え、悪質だ。今後も相談を受け付けていきたい」と話しています。


545 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 04:22:53
株式会社プラチナムホールディングスの代表は渡辺祐太

株式会社L&Sホールディングスの代表は大川勝

株式会社クライアントサポートの代表は内村大二
とわかった


546 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 04:55:49
極論かもしれませんが、
無償でもいいからやらせてくれっていう
弁護士もいると思いますよ。

famousだったかnotoriousだったかはともかく、
well-knownだったことは確かです。一番調子に乗っていた時にはネットで弁護士や司法書士をおちょくりまくっていましたし、依頼者≒被害者の数もずば抜けて多い非弁行政書士法人でした。法律系の何とか士で鷹悠会を嫌っていなかった業界はないでしょう。
それだけに、
やっつければ有名になれます。
そして、鷹悠会は争う姿勢を見せているようですが、鷹悠会に有利な条件は何一つない。こんなに楽な相手に勝って名を売れるならこんなに美味しい仕事はありません。
今のところ民事訴訟ですが、
弁護団は刑事訴訟も視野に入れていると思います。
そしてそれもかなり被害者有利。
弁護士にとっては楽で美味しい仕事ですよ。

ただでやるは極論ですが
、勝てる見込みがこんなに高い訴訟ってそうありませんよ。
勝てればガッツリ回収できて名も売れるんですから、
いい仕事です。

ついでながら。
鷹悠会が詐欺・脅迫で得た金を迂回させて洗うために使っていた会社です。
株式会社プラチナムホールディングス 代表 渡辺祐太
株式会社L&Sホールディングス 代表 大川勝
株式会社クライアントサポート 代表 内村大二
いずれも今回同時に訴えられています。
渡辺と大川は元闇金業者だったことを自らカミングアウトしている(自慢している?)人間です。
少なくとも渡辺は、体にお絵かきがしてあります。

行政書士法人鷹悠会と3つの株式会社、およびそれぞれの代表者4名が訴えられている事件なのに、個人名が報道されているのを見ませんね。
何か個人名を報道してはいけない理由でもあるんでしょうか?


547 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 04:56:47
http://s.ameblo.jp/yuta-platinum515/entry-11915302137.html


548 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 04:57:07
http://s.ameblo.jp/yuta-platinum515/entry-11915302137.html


549 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 18:35:03
ヤミ金対応頼んだら、料金高すぎ 行政書士法人を提訴
朝日新聞デジタル 11月14日(金)16時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141114-00000029-asahi-soci
鷹悠会が開設していたホームページ。「闇金・090金融に特化」とうたって客を募っていたが、すでに閉鎖された
=鷹悠会被害対策弁護団提供(画像の一部を修整しています)
 ヤミ金業者からの取り立てへの対応を依頼したところ、ヤミ金業者並みに悪質な料金の取り立てを受けたなどとして、
関東地方に住む6人が、東京都内の行政書士法人などを相手に東京地裁に集団提訴した。14日、第1回口頭弁論があった。
この行政書士法人をめぐっては1月ごろから被害を訴える相談が増え、被害対策弁護団が結成された。ほかにも複数の訴訟が起こされている。
 6人が訴えたのは、行政書士法人「鷹悠(たかゆう)会」(解散)と、同会から委託されて取り立てなどをしていたとされる3社など。
支払った料金の返還と慰謝料など計約860万円を求めている。この日の弁論で被告側はいずれも請求棄却を求めて争う姿勢を示した。
 訴状によると、東京都の50代男性は、ヤミ金5社からの21万円の借金が返せず、昨年12月、インターネットで見つけた鷹悠会に電話で相談。
「必ず解決する。料金は21万円だが分割でもよい」などと言われた。料金が借金と同額であることに不審を覚えたが「ヤミ金の取り立てがとまるのなら」と対応を依頼、
分割で14万円を支払った。


550 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 18:36:15
鷹悠会ら8被告に対する第1回口頭弁論期日は11/14です。
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?post_type=news
鷹悠会の事業を共同で行っていた行政書士法人鷹悠会、株式会社プラチナムホールディングス、
株式会社クライアントサポート、株式会社L&Sホールディングス、及び、これら4社の各代表者、
計8社(者)を被告とする損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が、11月14日午前10時から、
東京地方裁判所712号法廷で開かれます。
当弁護団では、引き続き、鷹悠会に関する苦情・相談をお受けしています。


551 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 18:37:34
鷹悠会の事業を共同で行っていた行政書士法人鷹悠会、株式会社プラチナムホールディングス、
株式会社クライアントサポート、株式会社L&Sホールディングス、及び、これら4社の各代表者、
計8社(者)を被告関連の8被告に集団訴訟を提起(9/30)
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?post_type=news
当弁護団は、本年9月30日、行政書士法人鷹悠会、同会と共同で事業を行っていた
株式会社プラチナムホールディングス外2社、及びこれら4社の各代表者4名の計8名(社)を被告として、
東京地方裁判所に、損害賠償請求訴訟(集団訴訟)を提起しました。
当弁護団では、引き続き、「行政書士法人鷹悠会」に関する苦情・相談をお受けしています。


552 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 18:39:22
行政書士法人鷹悠会と株式会社プラチナムホールディングス
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?post_type=news
当弁護団では、引き続き、「行政書士法人鷹悠会」に関する苦情・相談をお受けしています。
最近では、「報酬を、鷹悠会ではなく、聞いたこともない別法人
『株式会社プラチナムホールディングス』の口座に振り込むように言われた。」
「鷹悠会からではなく、まったく知らない弁護士事務所から報酬の支払に関する書類が届いた。」
といった相談が寄せられています。


553 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/15(土) 19:16:23
鷹悠会の悪夢は続く・・・「ヤミ金専門士業」に頼んではいけない!
ライター:newcomer86554さん(最終更新日時:6日前)投稿日:2014/7/23 アドバイス受付中!
ナイス!:2閲覧数:631ノートアドバイス関連Q&A履歴
印刷用のページを表示する
既に明らかにしたとおり、悪徳行政書士法人・鷹悠会は、被害弁護団からの抗議を受けて一切のWebサイトを閉鎖、
業務を修了し、代表高木幸聖氏を清算人とする精算法人になりました。しかし、これで解決したとはとても言えないのが実情のようです。
このWebサイトをご覧ください。http://yamikin-t.com/
体裁が、鷹悠会が作っていたサイトと酷似しています。同じ事務所が作っている別サイトです。
http://yamikin-kyusai.net/?utm_source=Yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=nichiei_yamikin
体裁も似ていますし、同じ業務に複数のサイトを作るという手法は鷹悠会の手口そのものです。
鷹悠会の「最後の本拠地」が東京都港区新橋6-4-3。この「武中法律事務所」は東京都港区新橋4丁目4番5号 第1ニシムラビル3階。
地理的に非常に近いところにあります。
また、ここもご覧ください。http://www.azusa-legal.net/やはり、鷹悠会のサイトと酷似しています。
この「あずさリーガルファーム」は東京都中野区中野5-32-4 中野ステーションハイツ403ということで地理的にはそう近くはありませんが。
これらの業者には、鷹悠会のものに酷似した被害報告が少しづつ上がり始めています。


554 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/16(日) 07:37:05
課税・徴収漏れに関する情報の提供
https://www.nta.go.jp/suggestion/johoteikyo/input_form.html
政策提言に関する「大臣目安箱」について
http://www.fsa.go.jp/meyasu/index.html
金融庁に設置されている各種窓口のご案内
http://www.fsa.go.jp/receipt/index.html
ご意見・ご質問受付フォーム - 検察庁
https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=001
御意見・御質問 - 東京地方検察庁 公式ウェブサイト
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/08_support.html
ご意見・ご質問 of 大阪地方検察庁ホームページ
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/osaka/public_html/pg49.html
意見箱|警察庁
http://www.npa.go.jp/goiken/


555 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/17(月) 09:53:35
ヤミ金相談の行政書士法人で被害(NHKニュース)
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?p=814
「ヤミ金融業者の取り立てを止める」と宣伝していた東京の行政書士法人について、
「高額の報酬を請求されたうえ取り立ても止まらない」という相談が、ヤミ金融対策に取り組む弁護士や国民生活センターに
相次いでいることが分かりました。埼玉県でヤミ金融対策に取り組んでいる弁護団によりますと、問題となっているのは
東京・港区にあった行政書士法人で、すでに解散している「鷹悠会」です。
鷹悠会は、ホームページで「ヤミ金融業者の取り立てを止める」などと宣伝していましたが、
弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、取り立ても止まらない」という相談が
全国の56人から寄せられているということです。
弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、相談を寄せた一部の人を原告にして
報酬の返還などを求める訴えを起こしました。14日に東京地方裁判所で行われた1回目の審理で、
鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として争う方針を示しました。
鷹悠会を巡っては、国民生活センターにも同様の相談がおよそ120件寄せられているということで、
弁護団の坂下裕一弁護士は「ヤミ金融の被害者が二次被害に遭っていると言え、悪質だ。
今後も相談を受け付けていきたい」と話しています。
(2014年11月14日NHKニュース)


556 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/17(月) 10:04:29
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n293998
既に明らかにしたとおり、悪徳行政書士法人・鷹悠会は、被害弁護団からの抗議を受けて
一切のWebサイトを閉鎖、業務を修了し、代表高木幸聖氏を清算人とする精算法人になりました。
しかし、これで解決したとはとても言えないのが実情のようです。
このWebサイトをご覧ください。http://yamikin-t.com/
体裁が、鷹悠会が作っていたサイトと酷似しています。
同じ事務所が作っている別サイトです。
http://yamikin-kyusai.net/?utm_source=Yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=nichiei_yamikin
体裁も似ていますしhttp://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/bouhan/1416185876/l50
同じ業務に複数のサイトを作るという手法は鷹悠会の手口そのものです。
鷹悠会の「最後の本拠地」が東京都港区新橋6-4-3。この「武中法律事務所」は東京都港区新橋4丁目4番5号 
第1ニシムラビル3階。地理的に非常に近いところにあります。
また、ここもご覧ください。
http://www.azusa-legal.net/やはり、鷹悠会のサイトと酷似しています。
この「あずさリーガルファーム」は東京都中野区中野5-32-4 中野ステーションハイツ403ということで地理的にはそう近くはありませんが。
これらの業者には、鷹悠会のものに酷似した被害報告が少しづつ上がり始めています。


557 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/18(火) 06:44:05
元GIGOLO大川勝いる?

まさる元気なん?

あのパシリ?

せいじさんのパシリ?

わかん


558 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/21(金) 16:39:40
集団訴訟されて、人生詰んでください。


559 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/22(土) 11:17:14
詰む?


560 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/25(火) 09:37:52
弁護士 猪股 正 @inomata_t · 11月12日
ヤミ金融被害対策埼玉弁護団には約60名の弁護士が参加し、毎日、当番の弁護士が待機、
ヤミ金被害に対応します。電話048-836-3466。詳細は→ http://yamikin-saitama.bengodan.jp/


561 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/25(火) 09:38:58
弁護士 猪股 正 @inomata_t · 10月15日
関連の8被告に集団訴訟を提起(9/30) | ヤミ金融被害対策埼玉弁護団
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?news=20140930


562 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/11/25(火) 12:34:28
鷹悠会以外のほか三社らの力でねじ伏せているのかもしれませんね

大川勝、渡辺祐太にはそのような力がありそうです


563 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/12/03(水) 00:35:57
大川勝、渡辺祐太、高木幸聖、内村大二


564 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/12/11(木) 13:11:30
海外向け(投資)セミナーにはご留意http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/?p=2
今、日本の税務当局や関係機関は日本における『海外投資』というセミナーには監視の目を光らせており、
参加者全ての写真や動態確認がされているようであり、主催者の出国記録も調べられているようです。
主催者はじめ、セミナー参加者の税務関係についても税務当局により調査がされているはずであり、そこでの資金の出入り等
税務当局に筒抜けになっている筈です。
既に5,000万円以上の海外資産保有者は申告が求められていますが、この申告の網に漏れている者を徹底的に調べる動きをしているようで、
「海外に資産を隠し持っているのではないか」、「更に資産を海外に移すのではないか」、「海外での収益に対して税金の申告をしていないのではないか」
として世界中の税務当局は監視を強化しており、一旦当局に目をつけられれば、家族も含め全ての動きを掌握されると思った方がよいと言えます。
今や、OECD加盟国では監視がほぼできるようになっており、この監視から逃げることは出来ませんし、そこに犯罪の臭いがあれば各国の捜査当局も当然動きます。
そして、税務当局だけでなく捜査当局も動いているようで、【海外不動産投資セミナー】であれば不動産業界、【海外FX投資セミナー】であればFX関係者、
【海外コイン投資セミナー】であればコイン関係者に、参加者(マルタイ)の顔写真等を見せて人物特定を依頼しているとも言われており、かなり詳しく
調べられているようですが、日本の税務当局(所謂、マルサ)は世界最強とも言われる程の調査・捜査能力を持っています。
日本の税務当局は、資産を持っている者は悪、という位にまで教育されていると言われており、その資産を持っている者が海外に資産を移す恐れがあるとなると決して許しません。
また、アメリカのIRS(日本でいう国税庁)は、外国人でアメリカ入国者の税務申告書(OECD加盟国)をほぼ入手していると言われており、それを分析して
海外不動産、海外口座、海外セミナーにはくれぐれもご留意ください


565 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/12/11(木) 18:24:55
弁護士 猪股 正@inomata_t·11月12日
ヤミ金融被害対策埼玉弁護団には約60名の弁護士が参加し、毎日、当番の弁護士が待機、
ヤミ金被害に対応します。電話048-836-3466。詳細は→http://yamikin-saitama.bengodan.jp/

次回期日は12/19PM1:00  712号


566 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/01/19(月) 18:04:27
元GIGOLO大川勝いる?

まさる元気なん?

あのパシリ?

せいじさんのパシリ?

わかん


567 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/04/02(木) 18:00:38
ヤミ金相談の行政書士法人で被害(NHKニュース)
http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?p=814
「ヤミ金融業者の取り立てを止める」と宣伝していた東京の行政書士法人について、
「高額の報酬を請求されたうえ取り立ても止まらない」という相談が、ヤミ金融対策に取り組む弁護士や国民生活センターに
相次いでいることが分かりました。埼玉県でヤミ金融対策に取り組んでいる弁護団によりますと、問題となっているのは
東京・港区にあった行政書士法人で、すでに解散している「鷹悠会」です。
鷹悠会は、ホームページで「ヤミ金融業者の取り立てを止める」などと宣伝していましたが、
弁護団には「依頼したところ数十万円の報酬を請求されたうえ、取り立ても止まらない」という相談が
全国の56人から寄せられているということです。
弁護団は「うその説明をして高額の報酬を得ようとする詐欺的行為だ」として、相談を寄せた一部の人を原告にして
報酬の返還などを求める訴えを起こしました。14日に東京地方裁判所で行われた1回目の審理で、
鷹悠会側は「事実関係を調査したうえで反論する」として争う方針を示しました。
鷹悠会を巡っては、国民生活センターにも同様の相談がおよそ120件寄せられているということで、
弁護団の坂下裕一弁護士は「ヤミ金融の被害者が二次被害に遭っていると言え、悪質だ。
今後も相談を受け付けていきたい」と話しています。
(2014年11月14日NHKニュース)


568 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/04/15(水) 16:14:44
http://gyousei-dr.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-937b.html
弁護士法第72条、司法書士や行政書士に対する「非弁行為」ついての判例は、かつて高等裁判所でのものはありましたが、最高裁まで争った判例はありませんでした。
その高等裁判所での判例というのは、行政書士における「非弁行為」が判断されたもの。これは、昭和54年6月11日高松高等裁判所における判決です。そして今回事例の下級審。
最高裁にいたる前に、広島高等裁判所松江支部において行政書士の「非弁行為」を認めた判決。これらでした。
この広島高裁松江支部が出した判決に対して、上告審での今回の最高裁判決。結果的には上告棄却となり、広島高裁の行政書士による「非弁行為」を認めた判決が確定しました。
「非弁」とされた行政書士は、大阪府の女性から内縁の夫の不倫についての相談を受けた書士の方です(このように、まずはこの案件自体ある意味妙な「いわくつき」な事件です)。
この行政書士の方は、不倫相手の女性に対して慰謝料を求める書類を作成し、内容証明郵便にてこれを不倫相手に送付しました。これに対し、大阪弁護士会がこの案件を「非弁行為」
として大阪地検に告発、報道機関にもこの事件が発表されました。問題はここからです。告発された行政書士の先生が「不当な告発と報道発表により精神的被害を被った」として、
大阪弁護士会を逆に民事訴訟にて訴えました。
1審の鳥取地裁米子支部は、この案件の行政書士の「非弁行為」を認め、弁護士会の告発を「正当」と評価する判決を出しました。先述したように、2審の広島高裁判決も1審判決と同様、
一連の業務を非弁行為と認定し、弁護士会の告発は「正当」と判断されました。そして、今回の最高裁判決にいたり、最終的に上告棄却となったわけです。
特に法廷闘争になった場合。検察・弁護士・裁判官、これら法曹三者が、自分たちの既得権益を弱体化させるような結果に結論を持ち込むとは、とうてい思えません。
今回の内容証明郵便の事例ですが、弁護士会の告発を大阪地検は一昨年に「起訴猶予処分」としています。刑事的にはそういう「落としどころ」となりました。しかし、民事にては当事者の
行政書士の先生にとっては、「倍返し」が「倍返し」されたかたちとなってしまったのです。


569 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/04/15(水) 16:26:32
http://gyousei-dr.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-937b.html
弁護士法第72条、司法書士や行政書士に対する「非弁行為」ついての判例は、かつて高等裁判所でのものはありましたが、最高裁まで争った判例はありませんでした。
その高等裁判所での判例というのは、行政書士における「非弁行為」が判断されたもの。これは、昭和54年6月11日高松高等裁判所における判決です。そして今回事例の下級審。
最高裁にいたる前に、広島高等裁判所松江支部において行政書士の「非弁行為」を認めた判決。これらでした。
この広島高裁松江支部が出した判決に対して、上告審での今回の最高裁判決。結果的には上告棄却となり、広島高裁の行政書士による「非弁行為」を認めた判決が確定しました。
「非弁」とされた行政書士は、大阪府の女性から内縁の夫の不倫についての相談を受けた書士の方です(このように、まずはこの案件自体ある意味妙な「いわくつき」な事件です)。
この行政書士の方は、不倫相手の女性に対して慰謝料を求める書類を作成し、内容証明郵便にてこれを不倫相手に送付しました。これに対し、大阪弁護士会がこの案件を「非弁行為」
として大阪地検に告発、報道機関にもこの事件が発表されました。問題はここからです。告発された行政書士の先生が「不当な告発と報道発表により精神的被害を被った」として、
大阪弁護士会を逆に民事訴訟にて訴えました。
1審の鳥取地裁米子支部は、この案件の行政書士の「非弁行為」を認め、弁護士会の告発を「正当」と評価する判決を出しました。先述したように、2審の広島高裁判決も1審判決と同様、
一連の業務を非弁行為と認定し、弁護士会の告発は「正当」と判断されました。そして、今回の最高裁判決にいたり、最終的に上告棄却となったわけです。
特に法廷闘争になった場合。検察・弁護士・裁判官、これら法曹三者が、自分たちの既得権益を弱体化させるような結果に結論を持ち込むとは、とうてい思えません。
今回の内容証明郵便の事例ですが、弁護士会の告発を大阪地検は一昨年に「起訴猶予処分」としています。刑事的にはそういう「落としどころ」となりました。しかし、民事にては当事者の
行政書士の先生にとっては、「倍返し」が「倍返し」されたかたちとなってしまったのです。


570 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/05/29(金) 06:33:12
当事者間で調ったもめない遺産協議内容を書面化するだけなら行政書士業務。揉めたり法律相談は非弁、相続税の節税アドバイスは非税理士、不動産の名義変更の相談は非司法書士。
電話交渉は消費生活センターが交渉が違法・相続相談が非弁行為と明確にしてくれるhttp://www.satsuben.or.jp/faq/shoshi/gyosei01.html ようやく掲載となりました。
まとまった合意を文章にするだけが行政書士・電話交渉や面談調整・全員の相談は非弁行為・ニセ税理士・だから市民はワープロで作成してしまう意味ない資格行政書士
事務所名行政書士法人オーシャン代表者名黒田美菜子偽税理士 非弁行為常習犯電話交渉が違法非弁行為と認定消費生活センターから行政書士報酬返金
所属団体神奈川県行政書士会所属 登録番号: 第11090687号弁護士の法律業務を請け負って報酬を得ていたとして提携弁護士や税理士も同罪で返金要請を
代表電話/FAX045-548-9172/045-548-9173事務所所在地〒220-0011揉めたり法律相談は非弁、相続税の節税アドバイスは非税理士の犯罪行為。違法交渉非弁行為
神奈川県横浜市西区高島2丁目14-17クレアトール横浜ビル5階弁護士資格がないのに非弁で詐欺と認定行政書士は行政手続きのスペシャリストであって、法律家ではない
なんか有れば依頼者は弁護士の資格がないにもかかわらず、タウン情報誌やインターネットのホームページに違法非弁広告でタイプライターの言いなり業務しか
国民消費者生活センターへ電話しクレーム入れれば代わりに支払い高額報酬の行政書士へ「違法交渉・非弁行為」で返金交渉してくれます。
http://blog.livedoor.jp/okuda_masaaki/archives/50392005.html法律事務を指導し報酬を得ていた行政書士法違反で返金を消費者センターが交渉
相続人を特定して、遺産分割協議書をつくり、マージンだけ抜いて税理士や司法書士を紹介するか、職務上請求書を悪用して戸籍を取っている
あるいは自分自身がにせ闇税理士、非司法書士 非弁行為として各手続を故意にし法律事務を取り扱い、弁護士法違反の疑いで。非司法書士提携違反
弁護士資格がないのに横浜市内の女性から遺産相続の相談を受け、着手金100万円など報酬約束して解決案を盛り込んだ書類を作成法律業務をした疑い


571 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/05/29(金) 06:47:33
タイプライター行政書士「悪徳業者さんですか?クーリングオフの内容証明郵便が配達証明郵便で届いていますのでクーリングオフします」
悪徳業者「何ですか?マトモなアダルトサイトを運営している当社へ失礼な内容証明郵便でアヤつけてるのはタイプライター行政書士先生?」
タイプライター行政書士「だから悪徳業者さんへ内容証明郵便と電話でご確認してるんですよ」
悪徳業者「タイプライター先生・・・内容証明郵便は送るだけで鳥取の柴田崇裕行政書士が最高裁判決で非弁行為と成っていますね」
タイプライター行政書士「えっ・・・・あれは特殊な例で知りません。」
悪徳業者「行政書士が悪徳業者と電話交渉を行うことは弁護士法72条違反(非弁行為)にあたるため、禁じられてます」
タイプライター行政書士「そこをなんとかお願いします 国民消費者生活センターはやり過ぎるんですよ!!!正義を振りかざすので」
悪徳業者「アダルトサイトの高額請求をめぐる問題に関し、本来業務としては行えない行政書士が救済を請け負い、トラブルになるケースですね」
タイプライター行政書士「だからクーリングオフお願いできないでしょうかと内容証明郵便で交渉しているのです」
悪徳業者「タイプライター先生の違法非弁行為の内容証明郵便と電話交渉では刑事罰・犯罪の弁護士法違反なのでクーリングオフ出来ません」
タイプライター行政書士「すいません。そうなると内容証明郵便・交渉非弁で食えないんで何とかよろしくお願いします」
悪徳業者「あんたぁ 言いがかり付けて商売の邪魔すんなら国民消費者生活センターへ告発して報酬返還依頼や非弁行為を言います」
タイプライター行政書士「まことに申し訳有りません。無かった事にお願いできないでしょうか?すいません。お願いします」
悪徳業者「タイプライター先生が過ちを認め謝るなら許してやるわ。もう二度と行政書士業務で内容証明郵便や交渉の非弁行為犯罪するな」
タイプライター行政書士「ありがとうございます。よろしくお願いします。助かりました。感謝します。もう二度と非弁行為をしません。」


572 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/10/12(月) 19:32:47
行政書士法人鷹悠会|Facebook行政書士高木幸聖 https://www.facebook.com/pages/%E8%A1%8C%E6%94%BF%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E6%B3%95%E4%BA%BA-%E9%B7%B9%E6%82%A0%E4%BC%9A/296731660351718
鷹悠会行政書士高木幸聖の事業を共同で行っていた行政書士法人鷹悠会行政書士高木幸聖、株式会社プラチナムホールディングス、
株式会社クライアントサポート、株式会社L&Sホールディングス、及び、これら4社の各代表者行政書士高木幸聖、
計8社(者)を被告とする損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論が、11月14日午前10時から、
東京地方裁判所712号法廷で開かれます。http://yamikin-saitama.bengodan.jp/?post_type=news
国民生活センターおよび全国の消費生活センター等 アダルトサイトとの解約交渉を行政書士はできません!
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150514_1.html
国民生活センターおよび全国の消費生活センター等から行政書士法人鷹悠会行政書士高木幸聖の違法非弁の返金交渉成功しました
悪徳行政書士法人鷹悠会行政書士高木幸聖は登記情報提供サービスから住所地が判明します。移転先も住民票から追跡可能です。
諦めてはいけません。行政書士か司法書士の先生から行政書士法人鷹悠会行政書士高木幸聖の活動拠点から消費生活センターへ相談して返金交渉出来ます
不法行為責任は民法上10年です。裁判手続より簡単です。消費生活センターへご相談して行政書士法人鷹悠会行政書士高木幸聖の非弁の違法活動へ返金交渉します
いまでも形を変えて非合理的活動しています。


573 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/10/27(火) 04:39:09
株式会社プラチナムホールディングス元従業員中嶋慧について
※中嶋慧※
元々10代の時にヤミ金業務に従事していた渡辺祐太と知り合い、渡辺祐太の部下として中嶋慧はヤミ金業務に携わる。
その後、渡辺が逮捕される直前に運良くもヤミ金組織を抜け、逮捕を間一髪で免れる。
渡辺が出所後、偶然の再会を機に再び共に仕事をすることとなる。
渡辺が鷹悠会と業務提携をし、従業者として従事する中、中嶋は現場指揮者としての頭角を現し、実質現場のトップとして君臨することとなる。
その背景には部下を3~4人携え、業務を放棄し遊び呆けていた渡辺を横目に、月に100万円前後稼ぐ実力を発揮する。
その後、鷹悠会が解散したのをきっかけにとある司法書士事務所へ身を委ね、同様の業務に従事し今に至る。
■■■中嶋慧プロフィール■■■
1990年7月25日生まれ
足立区出身
高校中退後、違法業務に手を染め荒稼ぎをする。
一旦はヤミ金業務から身を引き、夜の世界キャバクラへと飛び込む。
その後、偶然の再会をきっかけに渡辺と共に二人三脚で会社を切り盛りし、ナンバー2の座に相応しい手腕ぶりを発揮する。
現在は渡辺と分裂し、非合法業務を合法的に行い日銭を稼ぐ暮らしを送っている。


574 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/10/27(火) 12:34:20
573 関係者の方ですか。


575 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/10/27(火) 17:15:18
勿論です。徐々に関連している人間の真相暴露を行っていく所存です。
最終的には鷹悠会の実態の暴露ができ、世間へ真相の認知ができれば本望です。
ドロドロとした金銭的欲求が網羅し、裏切りの連鎖を繰り返す醜い争い事に区切りをつけるべく動き出しました。


576 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2015/12/11(金) 22:43:25
age


577 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2016/08/27(土) 07:01:15
最高裁平成26年(受)第1813号,第1814号損害賠償請求事件
平成28年6月27日第一小法廷判決主文本件各上告を棄却する。
(3)本件各取引を利息制限法所定の制限利率に引き直して計算すると,平成19年10月19日当時,貸付金元本の総額は1210万円余りであり,過払金の総額は1900万円余りであった。

司法書士の報酬を取り戻す-hasansaisei.com・・司法書士狩りハンティングの始まり
http://www.hasansaisei.com/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E3%81%AB%E8%AB%8B%E6%B1%82/

司法書士の報酬を取り戻す法律事務所 投稿した直後に、法律事務所の広告が出た。
「司法書士は140万以上の過払い請求不可報酬取り戻します。」http://ameblo.jp/catseatshirasu/entry-12183596833.html
弁護士が司法書士から金を巻き上げるんだって。なんだかえげつない。
縄張り争い、特に、少なくなった過払い請求事件の取り合いってことね。

2016年6月27日(月)http://eyochan-home.cocolog-nifty.com/blogdayo/2016/06/post-e608.html
過払い金専門の認定司法書士に降りかかった最高裁判決・・・・・和歌山の司法書士が迷惑を掛けて謝りもしないのは何故?
最高裁判決まで出て司法書士140万超和解や本人訴訟支援が非弁確定で業界シュリンクさせ迷惑を全国の先生に掛けたんだから顔出しして弁明し謝罪が普通の常識人
しかし正直に助言も説明をしないで依頼者から訴えられたのに、一切反省しないで最高裁判決まで頂き全国の司法書士先生はどう感じているのだろうか

最高裁平成28年6月27日第1小法廷判決http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85969
司法書士140万超本人訴訟支援地方裁判所や和解は違法な非弁行為に確定・報酬も取れないタダ働き・・・・


578 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2016/10/10(月) 19:18:42
それにしても平成28年6月27日和歌山最高裁判決について、さっそく司法書士業務には影響が出てる。
140万円超の書類作成を今しているんだが、被告の上場某消費者金融会社が連日のように原告本人に最高裁判決のことを言ってきている。
140万円超は司法書士には裁判外和解の代理ができませんが、どうなってますか?としつこい。別の人の事件で控訴されいる案件でも原告本人に対して
ずっと連絡しまくって原告本人にネガティブキャンペーンをしている。最高裁判決により、140万円超は司法書士には裁判外和解代理ができないわけだから
、困ったね。同業者でも140万円以下で簡裁提訴して判決もらったけど、被告が控訴して、司法書士の代理権が無くなったところで、原告本人に対して
徹底的に140万円超の最高裁判決について何度も何度も連絡したり書面送付したりされてるケースも聞いた。判決から半月も経たないうちに、消費者金融側は
徹底的に司法書士攻撃し始めてるね。140万円以下であっても控訴されれば最高裁判決で裁判外和解代理権も既にないから、司法書士として直接抗議することもできない。
現場混乱しているな。まあ最高裁判決のおかげで、140万円以下で簡裁代理権を行使してその後に控訴された場合、司法書士としての訴訟代理権は消滅するけど、
(訴外の)裁判外和解代理権はまだ消滅してませんから抗議します!って方法も使えなくなったしなあ。司法書士が控訴によって代理権が訴訟上も訴訟外も消滅したとたんに、
消費者金融が徹底して攻撃してくる。140万円以下であっても控訴されれば最高裁判決で裁判外和解代理権も既にないから、司法書士として直接抗議することもできない
今までは明らかにこんなことはなかったから、上場会社でも方針変えたのだろうか。平成28年6月27日判決後に受益額説でやれば非弁や弁護士法72条違反の故意犯で懲戒請求と報酬返金になるんだろうし、対応するとすればそこじゃないの
http://www.hasansaisei.com/%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%9B%B8%E5%A3%AB%E3%81%AB%E8%AB%8B%司法書士は140万円以上の過払い請求できません。スゲーITJ法律事務所!!!!!!!!
すでに報酬を支払った場合は返還請求できます。
紛争化しそうな・民事信託・家族信託・財産管理・遺産分割や離婚で法律相談や実質代理し成功報酬の高額報酬を得た場合も同じ


579 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2016/10/10(月) 19:27:28
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/lic/1474041222/

【低収入】廃業する司法書士【電話も鳴らない】52[無断転載禁止](c)2ch.net [無断転載禁止]©2ch.net
>>436 : 名無し検定1級さん2016/10/09(日) 00:42:52.78 ID:kTd14Rus
和歌山判決のあの司法書士は、いまだに廃業していないようだね
月報司法諸氏には廃業報告は無いし、橋本支局のポストも変わらずにある

調査士兼業のようだが、どこまで厚顔無恥なんだろ

せめて本職に向けてのお詫びコメントを公表するぐらいはして当然だろ


580 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2017/01/18(水) 13:38:06
懲戒処分書http://www.tokyokai.or.jp/doc/discipline/73.pdf
氏名 登録番号 事務所 簡裁訴訟代理等関係業務認定の有無 有
主  文 平成28年12月1日から1か月の業務停止に処する。

遅くとも平成22年4月頃に依頼者から委任されたいわゆる過払金についての債務整理及び相手方貸金業者との和解契約締結を処理するに当たり、

同貸金業者に対し 過払金が301万4062円になるとして同額の支払いを請求したり、144万円での和解案を提案するなどの和解協議を行い、同年6月28日頃には、同貸金業者との間で、同貸金業者が依頼者に対し
過払金144万円を支払う旨合意して、同過払金を同年8月3日限り被処分者名義預金口座に振り込むとする和解書を作成した上、同月2日、前記和解についての被処分者への報酬等として30万2400円を依頼者から受領し、
同月25日頃、過払金返還収入144万円、成功報酬(過払)支出28万8000円などと記載した債務整理精算書を依頼者に送付するなどし、もって民事に関する紛争の目的の価額が140万円を超えるものについて相談に応じ、
裁判外の和解について代理したものである。


581 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2017/04/28(金) 15:56:21
アダルトサイト対処相談で詐欺急増…検索を悪用
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170423-OYT1T50020.html

2017年04月24日 07時50分
 アダルトサイトの架空請求の解決をうたう探偵業者によるトラブルが急増していることを受け、京都府警は22日、対策などを学ぶ講座を京都市上京区の府警本部で開き、約30人が参加した。
 府警は今月10日、東京の探偵業の代表者ら3人を、アダルトサイトに関する相談をしてきた男性から金をだまし取ったとする詐欺容疑で逮捕。業者は、インターネットの
「検索連動型広告」を悪用し、「消費生活センター」などと検索すると業者のサイトが広告として表示されるようにしていた。
 講座では、府警サイバー犯罪対策課の吉岡竜之介警部補が、4月に京都府内の高校生232人を対象に実施したアンケートについて紹介。架空請求の対処法として11%が
「ネットで検索する」と回答し、うち54%が検索結果の上位5サイトを閲覧すると回答したという。吉岡警部補は、探偵業者や司法書士が公的機関に似せたサイトを開設し、
検索で上位に表示されるようにしているとした上で、「サイトをしっかり確認し、料金を請求されても支払わないでほしい」と呼びかけた。
 参加した長岡京市の無職男性(65)は「ネットの恐ろしさを改めて感じた。今日学んだことを地元でも伝えていきたい」と話した。
2017年04月24日 07時50分


582 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2017/04/28(金) 15:57:26
http://biz-journal.jp/2015/10/post_12132_3.html
新宿事務所は自らが原告代理人を務めた過払い金返還請求訴訟をめぐり東京簡裁から前代未聞の判決を下されている。訴えそのものが却下されたのだが、その理由は衝撃的なものだった。
原告が阿部代表らを代理人に選任したとする委任状について「本人の意思に基づかないで作成されたことをうかがわせる」とし、「(阿部)司法書士らが提起している(中略)
多数の不当利得返還請求訴訟について、原告本人の意思に基づかずに訴えが提起されていることを疑わせる」とされたのである。結果、阿部代表らは裁判所から無権代理人とみなされた
裁判所が結論に至った経過も特異だ。問題の裁判が提起されたのは昨年8月。委任状は原告名も住所もワープロ打ちされたもので、そこに原告の名字を表す三文判が2カ所に押されていた。
裁判官はその体裁に疑問を感じたようだ。そこで同年11月中旬、原告が阿部代表らを代理人に選任したことを証明する公正証書を提出するよう命じた。すると、なぜか原告側は12月3日付で
提訴を取り下げてしまったのである。普通ならそこで裁判はそのまま終わるはずだった。
 ところが、裁判官は疑問を一層深めたらしい。東京簡裁で係属中の新宿事務所が代理人となっている訴訟の委任状を職権により洗いざらい調べたのである。すると、委任状はどれも三文判を2カ所に押した
同じ体裁をとっていた。しかも「鈴木」「市川」とたまたま名字を同じくする異なった原告の事件が2組・計5件あったところ、それら委任状を見比べると、2組ともまったく同じ印影の三文判が使われていたのである。
ほかにも原告名が「吉谷」であるところ、「古谷」と誤った三文判が押されているものまで存在した。事ここに至り、裁判官は取り下げを認めず、異例の強い態度に及んだというわけである。
https://www.youtube.com/watch?v=z21f6DFAMjI
この画像を見たら寝られない


583 :名無しさん@お腹いっぱい。 : 2017/05/05(金) 08:21:49
2011年11月30日16:30 by 猛毒トライオキシン245士業者(行政書士・司法書士)による詐欺行為
カテゴリ悪徳商法3拍手http://blog.livedoor.jp/trioxin245/archives/6554002.html
行政書士や司法書士など士業者といわれる人たちによる詐欺商法が最近多く見受けられます。
行政書士・司法書士といえば、弁護士に次ぐ法律のエキスパートということもあり、ついつい信用してしまいますが、実際のところ資格の取得に関しては、弁護士に比べると非常に簡単だそうです。
そんなこともあり最近は資格を取得する人も急増しているそう。
もちろん増えれば増えただけ、一人ひとりの得られる仕事も減るわけで、そんな中で真面目に仕事をする人もいれば、悪徳な道へ進む者も出てきます。
行政書士でありながらスピリチュアルカウンセラーなどの霊感商法をしている者
詐欺師とつるんで詐欺商材やセミナーの売込みをしていたり、実際に運営に携わっている者
司法書士にしても、悪徳不動産屋と結託して他人の土地を自分のものとして登記したり、遺産相続などを嗅ぎ付けては入り込んできて悪さをする者
その他、いろいろいます。士業者と言えば、本来は法を遵守し手本となる立場のはずですが、浅ましい世の中になったものです。
そして行政・司法の中にも悪が潜んでいると言うことを心に留めていただけたらと思います。
行政書士・司法書士と関わることがあるとしたら、何らかのトラブルに困っている場合や肉親が亡くなって相続が発生した場合の手続きの際くらいでしょうが、どちらにしても心に重苦しいものを抱えてしまっている状況と言えるかも知れません。
そんな状態の人を追い詰めたり、手数料をボッたくろうとしたり、作り話で土地を騙し取ろうとしたりという事が私の周辺でも発生していました。
みなさんもトラブルに巻き込まれた場合には、国民生活センター消費者センターに相談し、必要であれば警察に届けることも辞さない姿勢で立ち向かってください。


255 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.php ver2.4 2005/04/13